高齢者施設の種類

似たような名前が多くてわかりづらいですよね。

まず最初に施設の簡単な分類表を掲載します。特別養護老人ホーム、経費老人ホーム、ケアハウス、介護老人保健施設、介護療養型医療施設は宅建業者を通すというような施設ではございませんので施設種別の解説はいたしておりません。

施設名 初期費用 月額費用の目安 介護レベル 認知症 保険適用 入居難易度
特別養護老人ホーム なし 3〜10万円 自立〜重度 高い
介護老人保健施設 なし 6.5〜11.5万円 自立〜中度 高い
介護療養型医療施設 なし 6.5〜13万円 自立〜低度 高い
グループホーム 0〜数百万円 12〜27万円 低〜中度 高い
介護付き有料老人ホーム 0〜数千万円 10〜27万円 自立〜中度 低い
住宅型有料老人ホーム 0〜数千万円 12〜30万円 自立〜中度 低い
健康型有料老人ホーム 0〜数億円 12〜30万円 × 低い
サービス付高齢者住宅
一般型/介護型
0〜数十万円
/0〜数百万円
10〜30万円
/14〜27万円
自立〜中度 低い
軽費老人ホーム
A型/B型
数十万円 6〜17万円
/3〜5万円
自立〜低度 高い
シニア向け分譲住宅 数千万円〜数億円 10〜30万円 自立〜中度 低い
ケアハウス
一般型/特定施設型
数十万円
/数十万〜数百万円
7〜13万円
/14〜17万円
自立〜中度 低い

高齢者こそ町中に住むのがベストだと思います。

◎高齢者向け住宅(マンションあるいは戸建て、売買・賃貸物件)
高齢者向けの居住とは@駅から5分以内Aエントランスにスロープがある。Bコンビニかスーパーが徒歩圏内にある。Cエレベーターがある。D2LDK以内、が高齢者向けの住宅だと考えております。車いすになるとそれぞれの寸法など細かい基準がありますがとりあえず通常歩行ができるのであれば上記の条件でじゅうぶんだと思います。室内では分譲であればバリアフリーのリフォームを行い賃貸であれば簡易バリアフリー用具を使いあるていどは転倒などをふせぐことはできます。
特段に施設に行く必要はないがある程度のサービスが必要だという方は介護サービスをコーディネイトできる弊社にご依頼ください。

◎有料老人ホーム
介護付き、住宅型、健康型の3種類がございます。健康型はほとんどみかけないと思います。健康型は介護が必要になると施設を退居しないといけないというルールがございます。食事サービスが提供されるということがありますが健康な高齢者対象だということを理解している必要がございます。
介護付き有料老人ホームはその施設内に介護スタッフが常勤しておりサービスを提供する施設になります。健康な方も入居できる混合型という施設もございます。認知症の方でも受け入れ可能ですので特別養護老人ホームの空きができるまで利用されるかたもいっらっしゃいます。医療法人が経営主体の施設もございますので医療的ケアが多く必要なら法人主体の種類に注目する必要がございます。
住宅型有料老人ホームは外部の介護サービスを利用するということが一番の特徴でございます。比較的介護度が低い方が利用されるとよいと思います。多くの施設で介護士ではないスタッフの可能性もございますが常勤スタッフがいるので緊急の時は素早い対応ができると思います。
これらすべての施設で食事サービスがありますが月ごとに食費がかかるのか、または毎食ごとに食費を支払うのか施設によりことなります。外食も楽しみたいというかたには毎食ごとに支払する施設がよいと思います。
ほとんどが体験入居を実施してますので実際に体験し食事内容やレクリエーションなど施設の雰囲気を見ることが良いと思います。

dummy

◎サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
一番の特徴は安否確認と生活相談サービスを行うという施設です。あとは普通の賃貸の住宅と考えていただいてよいと思います。安否確認のためスタッフが常勤しているところが多いですが、ほとんど寮タイプのものですが、建物自体はマンションで使われていたものを利用しているところもあり玄関があるようなタイプもございます。もちろん建物はバリアフリーに改良しております。サ高住は一般型と介護型がございますので介護が必要な方は介護型の施設に入ることをお勧めします。介護型サ高住と介護付き有料老人ホームとの違いですがかかる費用がサ高住が若干お安めになるということだと思います。もちろん施設により異なりますがそのような認識で良いかと思います。また、有料老人ホームの中にサ高住を併設している施設もございますので介護度に応じて居室も代えることが可能でございます。

◎グループホーム(認知症高齢者グループホーム)
 少人数で共同生活を送りながらスタッフが介護やレクリエーションを行います。一軒家などの施設もありより家庭的な雰囲気で生活を送りことができます。1ユニットで入居者9人以上は受け入れできないので細かいサービスも期待できます。認知症が重度になると退居しなければならないこともあり施設に確認することが重要です。また、医療的ケアには基本的に対応していないので入居前に理解しておくことも重要です。利用料が比較的高く15万円〜30万円が相場となっております。

◎高齢者優良賃貸住宅
民間やUR都市機構が行っている住宅です。整備費補助および家賃負担の軽減のため、補助を行う制度を取り入れた賃貸住宅です。
高齢者の方に安心してお住まいいただけるよう、一定以下の所得の方に対して家賃負担を軽くする措置がとられています。
60歳以上、配偶者と同居も可、月収が基準額以上であることなどです。家賃の減免制度もあり所得が基準以下である必要もあります。
住居もバリアフリー改修ををしており緊急連絡も民間の業者と組んで行っております。

◎高齢者あんしん賃貸住宅
都道府県が主体となりおこなっています。基本的に高齢者や外国人、障害者などの大家さんの受け入れが悪いとおもわる人たちが入居できるように物件オーナー、宅建業者が協力していく事業です。愛知県では160以上の物件がございます。

◎アクティブシニアのセカンドハウス
昔でいえば別荘ですが、今はアクティビティの拠点基地として利用される方が多いようです。海釣りやボートが趣味の方は海近くのセカンドハウス、渓流釣りやスキー、ゴルフ好きは山間のセカンドハウスを賃貸や分譲でお求めになっております。もちろんのんびり過ごしたいという方でもお求めになれているようです。

◎地域優良賃貸住宅
 地域優良賃貸住宅とは、民間の土地所有者等が知事の認定を受けて建設した、高齢者世帯、障害者等世帯、子育て世帯など、地域における居住の安定に特に配慮が必要な世帯向けの賃貸住宅です。自治体によっては家賃の補助が支給される場合もあります。平成19年度に創設された制度で、特定優良賃貸住宅制度をベースとした一般型と、高齢者向け優良賃貸住宅制度をベースとした高齢者型がありましたが、平成23年度に制度改正があり、改正後認定された住宅は一般型と高齢者型の区分がなくなりました。認定した現在入居可能な地域優良賃貸住宅は、全て高齢者型となります。
条件は入居申込者が60歳以上であること。世帯の合計所得月額が487,000円以下であること。入居申込者が単身者であるか、同居者が配偶者若しくは60歳以上の親族であること。
配偶者は、事実上婚姻関係と同様の事情にある方や婚約者を含み、年齢は問いません。入居申込者及び同居者が、入居時において自立した日常生活を営むことができる健康状態にあるか、自立した日常生活を営むことができる健康状態にある入居申込者又は同居者の支援により日常生活を営むことができること。などがあります。

dummy