居住支援相談の流れ

ご契約までの流れをご紹介します。

相談料はもちろん無料です。
弊社は単なる物件紹介ではなく
「居住支援相談」を行います。

まずはお問い合わせ下さい

お電話または問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

dummy

弊社の相談室へお越しいただくか、もしくはお住まいのお近くまでお邪魔いたします。

ゆったりした相談室で相談員とお話しください。もしくはご近所までお伺いいたします。どちらも物件の情報をパソコンあるいはプリントアウトしたものを見ながらご説明させていただきます。高齢者の住まいに関することなら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

dummy

ヒヤリングでお客様のだいたいの介護度、要望、問題点を把握しアセスメントいたします。

ヒヤリングで簡単にご本人のだいたいの要介護度をお調べいたします(正式な要介護度ではありせん)。*特に望まないというお客様にはいたしません。
高齢者の住まいは要介護度により適切なものがあります。施設により重い介護度には対応していないところなどもございますので事前に把握しておいたほうが良いと思います。
さらにお客様の抱える課題や問題点、ご予算から最適な物件をご提案いたします。

dummy

興味のあるお住まいへごご案内いたします。

ご提案の物件で興味のあるお住まいがありましたら、日時を合わせてお車でご案内いたします。高齢者の住宅紹介所や高齢者の住まいの検索サイトは見学の段取りは施設側に丸投げしている場合もあり、見学のやり取りもお客様と入居施設側で行うことになります。しかし、弊社では見学の段取りはすべてこちらで行いますのでお客様がすることはございません。1日に複数の施設も可能です。時間的に3施設程度がゆっくり見れて良いかと思います。
外観や内部もご覧になり入居施設のスタッフに質問があればしていただきます。詳細は施設のスタッフが詳しいのでどんどん質問したほうが良いと思います。事前のチェックポイントをお教えしますのでチェックシートに記載しながら見学します。また、インスタントカメラを持参しますのでその場でお好きな個所を写真にとりのちの検討材料とすることが可能です(撮影は施設側の許可がいる場合もあります)。

dummy

複数の見学が終わりましたらご自宅でご検討ください。
納得の物件がみつかるまでお付き合いいたします。

見学の際やそれ以降、弊社が入居施設側とお客さまの間にワンクッションおくことになるので入居を断りづらいとか、直接に施設側から営業電話が入るということはございません。気楽に検討していただき気に入ったものがあればご連絡ください。
★体験入居を実施している施設がほとんどなのでできれば2泊ぐらいしていただき施設の雰囲気やサービスを確認することが良いと思います。費用は実費負担になります1泊1万円程度が相場というところでございます。

dummy

入居希望の住まいがあれば重要事項説明を行います。

重要事項説明は宅建業にとって大変重要な行為です。これを行わないと重大な法律違反になり免許取り消しの場合もあります。重要事項説明は入居する上において重要な事項をご本人の前で説明する作業です。紹介業者や大手検索サイトなどで紹介された場合は直接、施設の職員から重要事項説明を受けることになります。その際、施設スタッフは本業が介護ですので時間もなく、おろそかになっていることもあるというアンケート結果もございました。
弊社は90日間ルールや前払い金の保全措置、権利金の受領禁止規定などを含めてきちっと説明いたします。

dummy

検討し入居希望の住まいがありましたら契約となります。

契約は弊社事務所あるいはご自宅などでしていただくことになります。
入居施設によっては仲介手数料全額を施設側が支払う場合や半分だけ負担するところもあります。物件情報をご覧ください。

dummy

アフターフォローを行います。

住み心地などをヒヤリングさせていただきます。施設側や物件側にいいづらいことも弊社を通せば確実に伝わります。お客様の声が施設側の成長の糧になります。

dummy

dummy