高齢者の住まいのことなら何でもご相談ください

高齢者向けの住まい選びはおまかせください。
居住支援相談で的確な物件をお探しします。

高齢者向け住宅は介護保険法や老人福祉法などに依拠する住まい、あるいは民間の住まいなど多種多様な形態で全国にございます。一般の方にとってはその種類の多さと複雑さにいったいどれが良いのかわからないのが実情ではないでしょうか?高齢者の住まいが一般の住まいと大きく異なるところは、健康の度合いにより住むところも変わってくるということです。デザインや環境だけで決めることができないのが大きなポイントです。ゆえに介護サービスを含めた福祉や介護など検討していく必要があります。つまり総合的な福祉の知識が必要となります。
住まいのことはもともと不動産業(宅建業)者が扱うこととされており許認可事業になります。住まいを扱うには宅地建物の専門知識が必要となります。売買もさることながら賃貸でも長期間になればトータルでは高額な買い物になります。ゆえに宅地建物取引士は国家資格であり、不動産業を営もうとすると厳しい審査があると思います。
 住宅の賃貸、売買は非常に高い買い物です。そのような理由で一般住宅でさえも宅建業者という国家資格を持ったものが仲介しております。しかし、さらに知識が必要な高齢者の住まいに関してはグレーゾーンをいいことに何の資格もなく仲介業を営んでいる業者が大勢おります。高齢者の住まいは一般の住まいとは違い物件の知識だけではなく介護、福祉等の知識が必要です。高齢者の住まい業界が正常発展を進めるにはこのグレーゾーンをきちんと法整備して何らかの資格をもったものが適切に仲介できるシステムが必要だと強く感じております。
弊社は福祉と宅地建物の2つの専門知識を持つプロの仲介業者として終の棲家をお探しの方にベストマッチングをお約束します。

dummy

dummy